フリーで限界を感じたら

顧客の要求に応えて仕事をこなしていくというのは、普通の社会人であれフリーエンジニアであれ、変わることはありません。
しかし個人の労力でどうにかできる部分に限りがあるため、これを乗り越える必要があるというのが会社とは違い、個人で動くフリーエンジニアならではの悩みとなります。

その悩みを解決するためにオフ会があるわけですが、これらのオフ会は通常想定されるようなただの人脈作りではありません。
いわゆる講習会とセットで開催されていることが多く、最新の流行プログラミング言語はどうなっているか、そして言語の需要と供給の実情、その上で更に自分の環境がどうなっているのかということを、簡潔に示すプレゼンテーションを要求されることもあります。

つまり情報を互いに共有するためにできることをすべて効率的に実行するのが、フリーエンジニアのオフ会なのです。

現在はどの言語でも一定の需要がありますが、需要の先細りがどうなるかは個人であれば経験でしかわかりません。
しかし多数の人間が一堂に会すると、多数の情報が集まるため総合的な判断ができます。どの言語を利用したどの分野のプログラミングがもっとも伸びていて、どこが需要減少に喘いでいるか、個人の視点から見えなかったことが見えることも会合を開くことの大きな魅力です。

また仕事がない新参でもこういう場では他人の仕事を回して貰えることもあるため、自分の成果物を持ち込んでおくと話がスムーズに進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です